建学の心・校訓・教育目標|桐光学園 小学校 / 神奈川県川崎市の私立小学校

神奈川県川崎市の私立小学校【桐光学園 小学校】

桐光学園小学校とは桐光学園小学校とは

建学のこころ(創立者:小塚 光治)

心と心がふれ合う(喜び・怒り・感激がわき起こる)、教師の心と生徒の心が火花を散らす、生徒と生徒の心が火花を散らす、この火花によってお互いの心がとけ合い心の扉が開けます。この火花によって心を練り上げる、心をきたえるのが教師であり、その場が教室であり、団体訓練であり、クラブ活動であると信じます。全職員が一つになって、生徒の心の扉を少しずつ開かせ、すなおな心、やさしい心、すべてに感動する若い魂、すばらしい個性を引きだし、これらを良いものに作りあげたい、伸ばしたい。この場が桐光学園であります。

校訓

- 「意志」「表現」「感謝」の心の教育 -

 意志・表現・感謝の3つの校訓を通して生まれる、子ども同士、子どもと教職員、さらには保護者も含めた人と人とのつながりを大事にしています。みんなで協力して最後までやりとげるためには強い意志が、相手を思いやりながら自分の気持ちを伝えるためには表現する力が必要です。また、自分を支えてくれる家族や友だち等、多くの人に対する感謝の気持ちが、人とのつながりを深いものにしていきます。

教育目標 - 目指す子ども像 -

低学年
やらなければならないことは、しっかりやる。
身のまわりを整え、規則正しい生活をする。
みんなが使うものを大切にし、約束やきまりを守る。
中学年
やると決めたことは、粘り強くやり遂げる。
できることは自分でやり、節度ある生活をする。
約束や社会のきまりを守り、公徳心をもつ。
高学年
より高い目標を立て、くじけないで努力する。
生活を振り返り、節度を守り節制を心がける。
公徳心をもってきまりを守り、進んで義務を果たす。

低学年
気持ちのよい挨拶、言葉遣い、マナーなどを心がける。
友だちと仲よくし、助け合う。
中学年
礼儀の大切さを知り、真心を持って接する。
友だちと互いに理解し、信頼し、助け合う。
高学年
時と場をわきまえて、礼儀正しく真心を持って接する。
謙虚な心を持ち、互いに信頼し、男女仲よく助け合う。

低学年
日ごろ世話になっている人々に感謝する。
生きることを喜び、生命を大切にする心をもつ。
中学年
生活を支えている人々や高齢者に、尊敬と感謝の気持ちを持って接する。
生命の尊さを感じ取り、生命あるものを大切にする。
高学年
日々の生活が人々の支え合いや助け合いで成り立っていることに感謝し、それに応える。
生命がかけがえのないものであることを知り、自他の生命を尊重する。
関連するページ
> 校長挨拶
> 沿革
> 施設
> 校歌・校章・制服
> 12年間の一貫教育
> 安全対策・災害対策
> 家庭とのつながり
↑PageTop